今年を振り返る – 僕の2020年

自宅の音楽部屋は基本ピアノが置いてあるだけでスタジオと呼べるような機材は何一つありませんが、YAMAHA MONTAGE7をオーディオインターフェイスとして録音した音は何の問題もないクオリティ。アレンジの仕事やJ-POPのレコーディング、サックスプレイヤー小池修さんのソロアルバムまでこのシステムで手がける事が出来ました。こんなご時世ですが自宅録音や打ち込みのスキルを上げる事が出来たのは2020年の大きな収穫です。この辺りは今後も更にブラッシュアップして行くつもりです。最終的にはスタジオと遜色ないクオリティで自宅のベヒシュタインピアノが録音出来てミックスも自宅で出来ればまた違った道が開けるかもしれません。私のソロアルバム「天空の楽園」で掲げたヒューマンとマシンの融合、新しいハイブリッドなピアノトリオの形を模索して行く上でも色々役に立つ事がありそうです。

ライブはさすがに例年と同じようにという訳には行きませんでしたが、それでも自分のピアノソロやトリオ、秋から冬の貞夫さんのツアーなど重要なライブをいくつも経験することができました。今の世の中はまだ気軽にライブハウスやジャズクラブに足を運ぶことも難しい雰囲気です。濃密なコミニュケーションを思う存分楽しめる日が戻るまで2021年も柔軟に、そしてしぶとく活動して行きます。どうぞお付き合いください。

1 2 3

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.