2013年4月の旅するピアニスト。(前編)

皆さんこんにちは、久しぶりのBlog更新です。それにしても4月は本当に忙しかった!貞夫さんの東北ツアーの合間にDIMENSIONのLIVE。忙しさの記録が塗り替えられた感じがしますが、音楽的には得るものが多く充実した月になりました。そして私の撮る写真が何故か撮り鉄っぽくなってきました。(^_^)

旅のスタートは弘前のスペースデネガ。もう何度も演奏しているので、ここのピアノも良く知っているのですが、以前よりもしんどくなくなった印象でした。これはピアノの状態が良いのか、それとも自分が少し成長出来たのか、この旅の中で明らかになって行くかもしれません。

秋田は「にぎわい交流館AU」という新しい場所。ピアノもヤマハのCFXという最新のフルコンでした。真っ新の新品なんですが、そうは感じさせない鳴りの良さ&音色で、将来が期待出来るピアノでした。

盛岡の「プラザおでって」はもうおなじみの場所。ピアノはヤマハのS6です。

山形の「テルサアプローズ」も同じくヤマハのS6でしたね。

それぞれの場所のピアノを年に1回弾くというのは面白い経験です。去年の印象と比較すると今の自分が見えてくるのですが、今回は調子が良い感じがします。力でねじ伏せるのではなく、ピアノと一緒に遊ぶと言うか…、そんな感じで以前より楽しんで演奏出来る気がします。

4日間連続で貞夫さんのライブの次の日はDIMENSIONのリハーサルのため東京へ。アコースティックからエレクトリックになって色んな勝手が違うのですが、音楽の芯は共通するものがあるはずです。その芯を太く強くして行けばどんなジャンルでも、どんな環境でも自由に演奏出来ると思うのですが、そう簡単には行きませんねぇ。まだまだ修行は続きます。f^_^)…

それでは記録的な忙しさだった怒濤の後編をお楽しみに!(^_^)/~~~

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.