#2 不安な気持ち

日本とボツワナは今年外交樹立50周年の節目の年。という事で今回の旅はボツワナの大統領からのご招待という事のようです。よくよく考えると何だそりゃって話しですが、それも貞夫さんならではですね。濁流に身を任せるのも慣れたもんですが、今回ばかりは不安な気持ちが湧き上がってきます。

朝起きてもお腹が空いていないので朝食はパス。何せ最初のプログラムが大統領主催のコンサートを演る場所でのお呼ばれランチですからね。だけど集合時間が二転三転した後お迎えもなかなか来なくて…、行ってみてあちらのオーナー含め関係者と話をすればする程話が通っていない怪しい雰囲気が漂い…、話をして安心するどころか心配度マックスな感じです。

雰囲気は良いのですが、果たして明後日ここで無事にコンサートが出来るのでしょうか。

そうこうしているうちに次のプログラムの時間です。場所を移動して地元のミュージシャンとのワークショップなんですが、これまた話が上手く通ってなかったようで電気楽器はもちろん、部屋が使えないとか色々あり、そんな中何とか貞夫さんとンジャセの演奏、そして地元のミュージシャンと貞夫さんのQ&Aみたいな形になりました。

こんな状況の中、ボツワナのミュージシャン達に音楽の心構えを説く貞夫さんは凄いですなぁ。貞夫さんの話に何か感じてくれるものがあれば、全く予定通りに行かなかったワークショップですが、意味のあるものになったのではと思います。ワークショップを行なったホテルのすぐ横の広場が明日のコンサート会場で、我々のスタッフが頑張って準備しているのですが、全てが全く予定通り行かなくて相当大変そうです。色んな情報も錯綜していて私の楽器もまだ何が来るかわからないのですが、もう音の出るもんだったら何でも良いからもってこい!って気分です。

そして夜は在日本大使館との夕食会。色々話を聞くと、やはりボツワナタイムでみんなのんびりしているという事。みんな良い人で悪気はないんですよ、と言われてもこちらはコンサートを成功させなければならないので…、うーんやっぱり心配度マックスです。

ホテルに戻ると、明日のシンセはオーダーしたものとは全く違うという事が判明。やっぱりね、見るまで信用してなかったんだけどさ、これで明日が大変な事は確定です。さあ、腕の見せ所だ!

次々襲いかかるトラブルに果たしてコンサートは無事できるのか…、の#3をお楽しみに!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.