column 012 渡辺貞夫アジアツアー ミャンマーバガンの旅

 今日の観光の余韻を味わいつつホテルの中庭で行われたさよならパーティーを楽しんでいたのですが、そんな時日本から私宛の電話が入りました。嫌な予感がしたのですが…、一度は断った某歌手の営業の仕事をライブの最後だけでも間に合えば良いから出てくれないかという事でした。そういうのが嫌だからお断りしたのになぁ。

 何だか慌ただしい気分の帰国になってしまいました。成田に到着するとそのままマネージャーの車で東京某所の会場へ。飛行機も若干遅れたし道路も混んでいたので会場に着いて急いで舞台袖に行くと、あと2曲で本編が終わるというタイミング、結局本編最後の曲とアンコール1曲だけ演奏しました。もちろん着替える暇など無いので飛行機に乗っているときの服装のままです。いや〜こんな事ってあるんですね、初めて行ったミャンマーからもの凄い勢いで日本の現実に引き戻された旅のエンディングでした。
 
終わり

1 2 3 4 5 6 7